【湘南台文化センター】(1990)

設計:長谷川逸子
竣工:1990
所在:神奈川県藤沢市湘南台1ー8


ゴールデンウィーク真っ直中!!!
遠出しようとするもレンタカーも宿もとれなかったため断念!!
だもんだから近場で遠出してみようということになって見事わたしのお目にかかったのが長谷川逸子氏による湘南台文化センター

かの有名なへんてこ建築を拝見してきてぼろくそに言ってあげたい一心で鎌倉の一歩手前までいってきました。
横浜から相鉄線に乗り込むとすぐに風景は田舎へと変貌し、見事に遠出気分満喫。電車も人がまばらで、なんかお弁当を食べたくナリマシタヽ(´▽`;)/====3=3=3

湘南台で降りてすぐにそれはありました。
銀色に光ったでっかいタマが。そして原ぴろぴ氏を思わせる装飾。う~ん。これは確かに市民を納得させるのは大変だよね・・・。と思わずにいられませんでした。
しかし、そのこてこてな装飾と異物感はアトラクションとしては最適で、思わずワクワクどきどき(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)

・・・なんか楽しいかも...!!

それが第一印象。

GWの中日ともあってかなりの子どもと親で広場は賑わっており、思いもかけず大盛況な雰囲気。みんな結局近場で遊んでるんだなあ。
こいいう建築ってやっぱりとっても大事なんだね。改めて実感。
まあね、でもね、やっぱりこの建築へ く ですよ。
無駄が多すぎる。特に管理面でうまくいっているようには見えませんでした。回遊できない空中廊下とかもありえないし。
難しいなあってつくづく思いました。
こういう建築って無駄な空間もとても大事な要素だから。
それをどう理論的に伝え共感させるか。矛盾するような空間や意味のないものを作ることって何より難しい。建築家はとても苦手なことなのかもしれないなあ・・・。

それとヘタなことは別だけど・・・(-ε- )


ranking




.2005.05.04
COMMENT

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。