「吉村順三建築展が無事終了いたしました。」

とても好評でした。
ほんとに。
目標の倍の人数が、美術館に足を運んでくれたようです。
この、ばかでかいポスター(看板?)も大好評でした。

けれど、とても難しいな、と思ったこともありました。
人の多さです。
見に来ていただいた方はきっと、人が多すぎてよく見ることができなかったんじゃないかと思う。
平日、祝日ともに、いつも人だらけで、最終日の24、25日は、朝の満員電車の混雑具合だったそうです。
ありがたいことなんだろうけど。

いいものを、たくさんの人に見てもらえることができて、とてもありがたいんだけど、どうにもならないのかな、と考えてしまうものがありました。

ちなみに人がいない状態、本邦初公開。

この状態なら、ゆっくり見てもらえるんだけどな。

この展覧会は、長時間の閲覧に耐えうる、とても雰囲気のよいものでした。
というよりも十分に満喫するために、知らずに長居してしまう、そんな展覧会でした。
そんな貴重な展覧会を、多くの人に味わってもらいたくても、今度は人の多さで満喫することができないとしたら、いったいどうしたいいんだろう。
こういったイベントには必ずついてまわる矛盾を目の当たりにして、しみじみ深~く、難しいな、って思いました。

けれど、そんな思いにふけっていたのは一瞬で、ほんとは一日撤収作業でそれどころではありませんでした・・・(´д`;)。

↑ よく見られなかった不満を、クリック連打で解消だ!!!って方がいたらどうぞ(笑)。いないって。


ranking




.2005.12.27
COMMENT

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。